LINE証券のタイムセールで株を買ってみた

こんにちは、ピーマンです。
昨日、LINE証券のタイムセールスで株を買ってみました。

LINE証券では、月に数回、株のタイムセールスを実施しており、現在の価格から3%、5%、7%を割り引いた金額で対象の株を購入できます。

購入できる株の銘柄は、毎回いろいろな銘柄が用意されるみたいです。
基本は5名柄用意され、そこの中から選んで購入することができます。

昨日のタイムセールで購入可能な株は下に記載した5銘柄でした。
銘柄の横に本日の終値を記載してみましたが、大体2万円分購入できるみたいですね。

  • 日本電産(1人2株まで) 10,445円
  • エムスリー(1人3株まで) 6,970円
  • 武田薬品(1人6株まで) 3,488円
  • ZHD(1人30株まで) 764円
  • 日本たばこ産業(1人11株まで) 1,985円

私は、日本電産の株を上限の2株購入しました。
私は3%での購入となりましたが、人によっては7%が提示されるのかな、と思いながらそこらへんの仕様はちょっと不明です。

日本電産の株を、そのまま売却すると626円の利益がでるので、すぐに売却しようと思います。

すぐ売却する理由は、私のLINE証券の利用方法はLINEポイントが貯まったら、
投資信託に投資する事と、日本株の少額投資はSBIネオモバ証券で投資しているので個別株をLINE証券で購入してしまうと管理が大変になので、、、すぐに売却します。

次回の開催は10月29日に開催され、参加できる対象の人は10月〜12月生まれの方が対象のようです、あてまる方は参加してみては如何でしょうか。

LINE証券の口座開設は、2、3営業日で開設できたはずなので、口座を持っていない方も急いで開設すれば間に合うと思います。

新規で口座開設をするとLINEポイント1,000円分と3株分の株がもらえるので大変お得です。

LINE口座開設

LINEのタイムセール

生きているだけで丸儲け、引き続き宜しくお願いします!

格安SIMに乗り換えについて

こんにちは、ピーマンです。

来月でようやく携帯の乗り換え時期を迎える事になりました。

現在の我が家の毎月の通信料金は18,000円程度です。

これを10,000円程度まで削減する事が今回の目的です。

乗り換え前提条件

・光回線
・SIM最大5枚
・月額10,000円以下

まず、光回線ですが現在はリモートワークがほとんどなので有線回線でZoomなどの位置合わせをするので必ず必要です。
そして、SIM5枚は家族が5人いるので将来的には5回線分、必要となります。
月額の料金は説明不要ですね。

現状の契約内容

ドコモ光 6,300円
・携帯2台 7,600円 + 通話料金
・キッズ携帯 2台
1,100円
タブレット端末 1台 3,200円

まず、タブレットはwi-fi回線のみでしか利用しないので解約します。
キッズ携帯については、格安SIMに数百円程度ならNMPしてもいいかなと思ってます。また、子供が3人いるので、追加でもう1回線必要になります。

ドコモ光についても契約する回線の割引などがあれば乗り換えを検討します。
また、最初の半年○○引きとのキャンペーンは、ノイズとなるので無視して計算していきます。

■ LINEモバイル
音声通話SIM 3GB 1,480 × 2 = 2,980円
データSIM(SMS付き) 500MB 600 × 3 = 1,800円
ドコモ光 6,300円

合計 11,080円
※光回線をどうにかすれば移行先としていいかも
※データSIM(SMS付き)だとLINEメッセージとLINE通話とか利用できるので子供の携帯にはこのプランで対応する予定

■ OCN
音声通話SIM 3GB 1,280 × 2 = 2,560円
データSIM(SMS付き) 3G 800 × 3 = 2,400円
OCN 光  6,300円

合計 11,260円
※OCN光に乗り換えることで携帯の月額料金が安くなる

■ UQモバイル
音声通話SIM 3GB 1,980 × 1 = 1,980円
音声通話SIM 3GB 1,480 × 4 = 5,920円
ドコモ光 6,300円

合計 14,200円
※2台目以降、家族割で500割引
ちょっと我が家のプランとは合わない感じですね。

■ nuroモバイル
音声通話SIM 2GB 1,400 × 2 = 2,800円
データSIM(SMS付き) 200MB 450 × 3 = 1,350円
ドコモ光 6,300円

合計 10,450円
価格は悪くはないですね。データ容量がこころとも無いですが、、、

■ ワイモバイル
案1)
音声通話SIM 4GB 2,180 × 1 = 2,180円
音声通話SIM 4GB 2,180 × 1 = 2,180円
シェアプラン基本料 980円 = 980円
ソフトバンク光 5,200円

合計 10,540円
価格、容量共にいい感じです。
※ソフトバンク光に乗り換えることで携帯の月額料金が安くなる
※家族割りで2台目も安くなる

案2)
音声通話SIM 13GB 3,180 × 1 = 3,180円
音声通話SIM 4GB 2,180 × 1 = 2,180円
シェアプラン基本料 480円 = 480円
ソフトバンク光 5,200円

合計 11,040円
13GB利用できて値段的にもリーズナブルです。
価格、容量も申し分無いですが、500円の差をどう見るかですかね。

上記、調査結果により格安SIMの移行先は以下のプランに決定しました。

ワイモバイル

案1)
音声通話SIM 4GB 2,180 × 1 = 2,180円
音声通話SIM 4GB 2,180 × 1 = 2,180円
シェアプラン基本料 980円 = 980円
ソフトバンク光 5,200円
合計 10,540円
※ソフトバンク光に乗り換えることで携帯の月額料金が安くなる
※家族割りで2台目の基本料が安くなる

なお、今回はデータSIM(SMS付き)も契約する予定なので、変更した場合のメリットとデメリット及び疑問点なども調査しました。

■ データSIM(SMS付き)に変更した場合のメリット

  • 電話番号宛にメッセージを送信可能
    SMSは、電話番号宛にメッセージを送受信できます。
    SMSの受信は無料で、送信の場合は文字数に応じて3〜30円の送信料がかかります。
  • SMS認証が必須のアプリを利用可能
    タクシー配車アプリ「全国タクシー」やフリマアプリの「メルカリ」では、SMS認証が必須となっています。また、メッセージアプリ「LINE」もSMS認証で登録すると電話番号で友達が自動登録できるなどのメリットがあります。
  • 二段階認証などを用いる本人確認も可能
    ネットショッピングやネットバンキングサービスなど、セキュリティが重視されるサービスでは、登録にSMS認証を用いていることが多々あります。IDとログインパスワードに加えて、携帯電話番号宛にSMSを送信することでセキュリティをより高めるものなので、ここでもSMS機能が役立ってくれます
  • バッテリーの消費を抑えられる
    端末によってはバッテリーの消費を抑えられるというメリットもあるそうです。最近では減ってきましたが、SMS機能がない場合にはバッテリーの消費が激しいという場合があるそうです。

■ データSIM(SMS付き)に変更した場合のデメリット

  • 月額費用が高くなる
    月々の料金が高くなるのがデメリットですが、ワイモバイルはデータシェアプランでSMSが利用できるみたいなので関係ないですね
  • 同じ番号で音声SIMに変更ができない
    将来的に音声SIMに変更したいとなった場合にデータ通信で割り当てられている番号での変更ができない

みなさんももしよろしければ、格安SIMを検討されてみてはいかがでしょうか。
生きているだけで丸儲け、引き続き宜しくお願いします!

第10号案件 株式会社トレスバイオ研究所 ユニコーン投資について

こんにちは、ピーマンです。

ユニコーン社より10月17日(土) 20時より第10号募集案件「株式会社トレスバイオ研究所」のユニコーン投資の申込みが始まります。

■会社のミッション
・我が国に眠っているさまざまな技術や素材を新結合させることで生まれた「歯車」を、社会の支えとなるよう展開し世界中に広めます。

■実現したい社会
・優れた素材や技術を掛け合わせることで新たなバイオマテリアルを開発し、人々の生活環境を改善します。
・人々の免疫力や抗菌力を高めることで感染症に負けない社会をつくります。

■提供するサービス
・口腔内浄化剤「APAZYME(アパザイム)」
・次世代抗菌剤「RESOMA(レゾマ)」
・歯科矯正用アライナー専用洗浄剤「APF(アライナー・プレミアム・フォーム)」

■将来の展開
・「アパザイム」と「レゾマ」を軸に日本の優れた技術を国内外に広め、2024年3月期の新規株式公開(IPO)を目指します。

私も一応検討しましたが、今回は見送りすることにしました。
理由は至って簡単でユニコーン投資に振り分ける資金が無いことと、投資のバランス的にユニコーン投資に偏り過ぎてしまうので今回は見送りました。

また、第9号募集案件の「ディビイ」と比べると、「ディビイ」の場合、VC からの調達実績あったので多少リスクが少ないと考えて投資しましたが、今回はVCからの調達実績はなさそうでしたので見送りました。

投資資金がたまるか、喉から手が出るほど投資したい場合だけ、今後はユニコーン投資をしようと思ってます。

この記事を書いているタイミングでは既に募集が始まっており、目標募集額の1000万円までは到達していました。募集上限の7000万円まではもう少し余裕がありそうです。

もし、ご興味があるなら投資してみては如何でしょうか。
今なら、新規会員登録するだけでもアマゾンギフト券1000円分貰えます。

100円投資 1000円投資 AI投資 bitmax Docomo dゴールドカード dポイント dポイント投資 FX iDeCo iDeCo(イデコ) LINEキャンペーン One Tap BUY paypay SBIネオモバ証券 SBI証券 THEO THEO(テオ) Tポイント Unicorn つみたてNISA ふるさと納税 イデコ ドコモ プラチナ積立 マネーフォワード メキシコペソ ワンタップバイ 仮想通貨 住宅ローン減税 南アフリカランド 単元株 安全資産 少額投資 投資 投資信託 期間限定Tポイント 株投資 楽天ポイント 楽天モバイル 確定拠出年金 積立 金積立 銀積立

AdSenseの審査通過について

こんにちは、ピーマンです。

先日、ついにこのブログにAdSenseの審査通過しました。
こんなブログでもAdSense広告が表示されるようになり大変嬉しい限りです。

嬉しさのあまり自分で広告を何回かクリックしてみました。

数日後、AdSenseの管理画面を確認してみるとなんと、
445円と表示されてますが、、、クリックは5回ぐらいしましたけど
こんなにもらえる物なんですかね。

アドセンスは、アフィリエイト広告の中でも、最も報酬を発生させやすい広告と言われている様ですが、本当にこんなにすぐに収益が発生するとは思わなかったです。


これが間違いではない事を願いながらしばらく見守りたいと思います。

dポイント先読み投資終了について

こんにちは、ピーマンです。
昨日、dポイント投資から大変悲しいお知らせがありました。

dポイント投資の仕様変更により、dポイント先読み投資方法ができなくなりました。

以下、dポイント投資からのお知らせです。
これによると追加したポイントの反映が翌営業日18時反映となります。

今までだと、当日18時反映だったのである程度先を見越してポイントを入れるか、出すかの判断ができたのですが翌営業日の18時反映となるとdポイント先読み投資方法が通用しなくなります。

【重要】ポイント投資の機能変更について2020/10/14

2020/10/14
平素はポイント投資をご利用いただき、誠にありがとうございます。 下記の通り、ポイント投資の機能変更を実施いたしますのでお知らせいたします


【変更①:追加ポイントの上限変更】 1回あたり追加できるポイント上限を下記の通り変更いたします。 (変更前) 最大99,900ポイント (変更後) 最大200,000ポイント

【変更②:「おまかせ運用」の注文スケジュール変更】 「おまかせ運用」における、追加・引出・コース変更のスケジュールを以下の通り変更いたします。なお、「テーマ運用」はスケジュールの変更はございません。 (変更前)当日14時締切→当日18時反映 (変更後)当日14時締切→翌営業日18時反映

     ※キャンセルは注文締切時刻まで可能です。(追加・引出・コース変更すべて)

◆変更日時  2020年10月24日(土)16時頃~ ※変更前のご注文に関しましては、全て現行スケジュールでの反映となります。 本変更にともない、ポイント投資サービスにおいて以下のとおりシステムメンテナンスを実施いたします。

dポイント先読み投資方法は先月の9月から始めてまだ、1カ月程度しか経っていなかったので大変残念です。

今後のdポイントの身の振り方を検討しておりますが、来月には携帯電話 のキャリアをドコモから格安simに変更する予定なので、今までよりdポイントが貯まらなくなるので、まあちょうどいいタイミングだったのかなと思います。

今後は、貰ったdポイントは日興フロッギーで少額投資していきます。

100円投資 1000円投資 AI投資 bitmax Docomo dゴールドカード dポイント dポイント投資 FX iDeCo iDeCo(イデコ) LINEキャンペーン One Tap BUY paypay SBIネオモバ証券 SBI証券 THEO THEO(テオ) Tポイント Unicorn つみたてNISA ふるさと納税 イデコ ドコモ プラチナ積立 マネーフォワード メキシコペソ ワンタップバイ 仮想通貨 住宅ローン減税 南アフリカランド 単元株 安全資産 少額投資 投資 投資信託 期間限定Tポイント 株投資 楽天ポイント 楽天モバイル 確定拠出年金 積立 金積立 銀積立

ユニコーン投資について

こんにちはピーマンです。

本日は、株式投資型クラウドファンディング会社であるユニコーンの第9号募集案件「株式会社ディビイ」の申込日でした。

結論から言うといろいろ迷いましたが、将来性有望だと思い投資することに決めました。最低投資額が1口5万円の2口からとなるので10万円分投資しました。

購入する際は、申込開始からかなりトラブル続きでした。
まず、申込受付時間が18時からですが、アクセスが集中してなかなか申込ができない状況でした。

一旦、サイト上にメンテナンスの告知画面が表示され、受付中止となり、再度、20時から受付再会となりましたが、それでもなかなか申込完了まで画面が遷移できずに2時間ほど、エラーになったらブラウザのリロードを繰り返してようやく購入できました。

24時ぐらいには上限募集額の80,000,000円に達してましたので運が良く
購入できて良かったと思いました。将来的には後悔する可能性もありますが、、、

Webエンジニアの立場から見ると、20時からサーバーメンテナンスを実施しても改善が見られなかったことが不思議でした。
サーバー自体はAWSを利用してそうなのでスケールすることは容易だと思いますが、メンテ前と変わらない状況だったので、DBサーバーのスケールアップなどできない事情があったのかな、、、

株式会社ディビイに関しては、いろいろ分析してくれているサイトなどがあり、投資をする際の参考にさせていたきました。

IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

IPO初値予想主観 IPOゲッターの投資日記

2020/10/18 追記

第9号案件におけるシステムトラブルについて

正式な経緯がユニコーン側から説明がありました。
やはり、原因はデータベースの接続数増加でしたね、データベースへの接続方法も良くなかった様です。

ドコモTOB(株式公開買い付け)のOne Tap BUYでの対応方法

こんにちは、ピーマンです。

先日、NTTがドコモにTOB(株式公開買い付け)を実施すると言うニュースが流がれており、One Tap BUYでドコモ株を1,000円分保有していたので対応方法を確認してみました。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-29/QHEPGJDWRGG001

One Tap BUYの通知一覧に通知が届いていて、2020年10月5日(月)〜11月17日(火)の間に売れば公開買付価格と同値で買い取って貰えるみたいです、2020年11月18日(水)以降は売買できなくなり、対応方法がいまいち不明なので上記、期間で売却しようと思います。

日本電信電話株式会社(NTT)により株式会社NTTドコモ株式(9437)の公開買付けが開始されたことに伴い、監理銘柄(確認中)
に指定されております。つきましては、NTTドコモ株式(9437)の取扱いを下記の通りとしますのでお知らせいたします。

※ 弊社においては公開買付の応募を受け付けておりません。
■買付注文の停止
 ・2020年10月5日(月)より新規買付を停止します。
■売却注文について
 ・2020年10月5日(月)より11月17日(火)までの間、公開買付価格と同値の3,900円(スプレッド:0%)にて注文をお受けいたします。
※ 市場動向等により提示価格を変更する場合があります。
※ 2020年11月18日(水)以降、注文の受付を停止します。
■ 本公開買付け後の組織再編等の方針(いわゆる二段階買収に関する事項)について
 公開買付者が対象者株式の全てを取得できなかった場合には、本公開買付けの成立後、以下のいずれかの方法により、
 対象者株式の全てを所有するための手続を実施する予定であることが公表されております。
 ① 株式売渡請求
 ② 株式併合
 上記①及び②の各手続については、関係法令についての改正、施行、当局の解釈等の状況によっては、実施に時間を要し、
 又は実施の方法に変更が生じる可能性があります。
 ※ 詳細については、2020年9月29日に日本電信電話株式会社の開示文書等をご確認ください。
  「株式会社NTTドコモ株式等(証券コード9437)に対する公開買付けの開始及び資金の借入れに関するお知らせ」

お客様には、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

https://www.onetapbuy.co.jp/notice/20201002_2.html

ドコモは1,000円分購入して、マイナスになっていた銘柄なのでこのタイミングでTOBのニュースが流れて、一気にプラスになっていました。

本日、プラス250円ぐらいで売却しました。




資金のフローについて

こんにちは、最近、投資する資金の流れが複雑になってきたので
資金のフローの流れを図に起こしてみました。

※三菱UFJから楽天銀行、住信SBIネット銀行への資金移動は、振り込み手数料を節約する為、ATMから引き出しそれぞれの口座に預入しています。

※楽天ポイント、Tポイント、dポイント、LINEポイントはそれぞれ、1株や、投資信託を購入してます。

こちらについては、指摘などあればコメントして頂ければと思います。

2020年9月の投資成績について

こんにちは、2020年9月の投資成績を公開していきます。

2020年9月はアメリカのハイテク株が下落したこともあり、前月より資産が減っていると思います。※8月の投資成績の記事はこちらとなります。

基本的な投資ルールは、前回から変更はありませんが、
来月からは、禁煙で浮いた資金を、アメリカ株の個別株やETFを少しずつ購入していこうと思ってます。
また、SBIネオモバ証券で高配当の単一株の購入も検討しております。

つみたてNISA 毎月30000円程度
iDeCo(イデコ)毎月5000円程度
Dポイント投資 頂いたポイント次第だけど1500円程度
THEO(テオ)毎月1万円
FX(メキシコペソ)3万円入れて色々取引
FX(ブラジルランド)5万円入れて色々取引
仮想通貨 毎日300円程度
ワンタップバイ 月1万円程度
金積立 月2000円、銀/プラチナ 月1000円
SBI証券 アメリカ株orETF 月1万円
SBIネオモバ証券 日本株 単一株 月1万円

つみたてNISA & 投資信託

つみたてNISA & 投資信託 9月時点
資産リターン
8月899,648 円+40,721 円
9月990,995 円+92,722円
10月1,007,160 円+75,023円
差額16,165 円-17,699円
つみたてNISA & 投資信託 9月資産遷移

ついに投資信託だけで資産が100万円超えましたが、リターンはマイナスでした。引き続きこの調子で投資していきます。

iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)9月時点
資産リターン
8月101,490 円+2,682 円
9月112,384 円+8,747 円
10月116,596 円+8,130 円
差額4,212 円-617 円
iDeCo(イデコ)9月資産遷移

iDeCo(イデコ)もやはり9月はマイナスでした。

dポイント投資

dポイント投資9月時点
資産リターン
8月31,221 円+3,621 円
9月33,794 円+5,445 円
10月34,044 円+4,870 円
差額250 円-575 円
dポイント投資9月資産遷移

Dポイント投資も9月はマイナスでした。

THEO(テオ)

THEO(テオ)9月時点
資産リターン
8月63,502 円+3,502 
9月75,523 円+5,429 
10月73,461 円+3,367 
差額-2,062 円-2,062 円
THEO(テオ)資産遷移

10月分の投資金額がまだ反映されていませんが、マイナス2000程度です。
8月の上がった分が丸々無くなった感じです。

FX(メキシコペソ)

資産
7月29,567 円
8月28,675 円
9月36,268 円
10月37,789 円
差額1,521 円
FX(メキシコペソ)

こちらについては、売ったり買ったりして微増です。

FX(南アフリカランド)

資産
8月50,000円
9月61,382 円
10月66,888 円
差額5,506 円
FX(南アフリカランド)

まあまあプラスですね。
一時含み損が増えてましたが、持ち直してきました。

仮想通貨

引き続き、毎日、楽天ウォレットでビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを購入してます。リップルについては買い増しはしてないです。

BTCETHBHCXRP
8月20,358 円20,298 円12,637 円5,551 円
9月23,533 円26,104 円13,795 円5,905 円
10月25,626 円24,482 円14,784 円5,723 円
仮想通貨投資結果

仮想通貨は、投入した金額を考慮するとマイナスです。特にETHが下がった感じです。

ワンタップバイ

ワンタップバイ アメリカ株

ワンタップバイ アメリカ株 9月投資結果
資本元本リターン
8月19,8795 円+61,324
9月22,4795 円+106,796
10月27,2132 円+85,973
差額+47,337 円20,823 円
ワンタップバイ アメリカ株 投資結果

追加で4万7000円追加、投資しているにもかかわらず利益が下がってますね。

ワンタップバイ 日本株

ワンタップバイ 日本株 9月投資結果
資本元本リターン
8月37,630 円+7,488 円
9月49,630 円+8,026 円
10月49,630 円+8,327 円
差額0円+301 円
ワンタップバイ 日本株 投資結果

ワンタップバイの日本株は、今月は投資なしでりーたんも微増でした。
マイナスにならないだけ良かったです。

ワンタップバイ積立

ワンタップバイ積立 9月投資結果
資本元本リターン
8月5,000 円+218 円
9月15,000 円+1,820 円
10月15,000 円-194 円
差額0 -2014 円
ワンタップバイ積立 投資結果

ワンタップバイの積立については、NASDAQが下がったこともあり、マイナス2000円程度です。

金積立

金積立 サマリー
金積立 個別9月リターン
資産リターン
8月74,077 円+13,792 円
9月82,296 円+17,889 円
10月79,144+10,945 円
差額-3,152 円-6,944 円
金積立 個別投資結果

コモディティも9月は下がってマイナスです。

やはり、格言通り9月の運用成績はあまり良くなかったですが、
引き続きこの調子で投資を続けて行こうと思います。

BITMAX 1周年記念キャンペーンについて

こんにちは、BITMAX の1周年記念キャンペーンをやりました。
このキャンペーンは、1週間ごとに10万円以上の取引をすると、LINK(リンク)の仮想通貨が貰えるキャンペーンです。

やり方は、基本的には以前、記事に書いたBITMAX LINEの暗号資産「LINK」日本初上場キャンペーンと同様のやり方ですが、6週間すべて実施すると5万5千円分のLINK(リンク)が貰えます。

単純に手数料やスワップの金額を考えると3万以上利益が出る計算ですので
やらない手はないかと思います。

9月14日の12時までが1周目の期限ですのでやってない方は、早めに実施した方が良いと思います。

1周目に間に合わなかった場合でも、2周目からでも十分、儲かると思うので
興味のある方は試してみては如何でしょうか。

2020/10/19追記
6週連続で実施した結果、入金した金額 116,700円で出金した金額が98,766円で17,934円分の取引手数料がかかりました。

頂いた暗号資産「LINK」の評価額は、現時点で44,129円となるので実質2万6千円程度利益がでました。

6週間でLINKの価格が半値ぐらいになってしまったのでしばらく保有して良いタイミングで売却しようと思います。